PUBG・ライト向けノートパソコンの必要スペックとおすすめPC【2020年版】

PUBG・PUPGライトってノートパソコンでできるの?大人気バトロワゲームですが、実際のところはどうでしょうか?

結論はをいうと、スペックをしっかり満たせばノートパソコンでもプレイ可能です。

今回は、そんな、PUBG、PUBGライトに必要なノートパソコンのスペックを解説!ゲーム向けにぴったりなノートパソコンも開発されているので、ぜひ参考にしてくださいね。

PUBGはノートパソコンでできるのか

PUBGはノートパソコンでできるのか?この問題を解決するために、まずはPUBG公式HPで発表されている「必要動作環境」を見ていきましょう。

PUBG必要動作環境

PUBG公式HP動作環境より「必要動作環境」から引用

OS 64-bit Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
CPU Intel Core i3-4340 / AMD FX-6300
メモリ 6 GB RAM
ビデオカード NVIDIA GeForce GTX 660 2GB / AMD Radeon HD 7850 2GB
DirectX Version 11
HDD容量 30 GB 利用可能
インターネット設備 インターネット設

まずCPUは、コア数2スレッド数4の性能的にはスタンダードCPUよりちょい低い性能の「Intel Core i3-4340」が使われております。

メモリも6GBが最低ライン。多くのノートパソコンで初期メモリ数に6GBのものは現在販売が少ないため、実質8GB以上となりますね。

グラフィックボードは、インテルもAMDもGPU2GBの「NVIDIA GeForce GTX 660 2GB / AMD Radeon HD 7850 2GB」が最低ラインです。

ソフト自体のインストールに30GBほど必要なので、ノートパソコンによってはこの容量を満たすことも厳しい方も多いのではないでしょうか。

総評すると、事務作業をメインとするオフィス用ノートパソコンでは、厳しいスペックとなります。当然プレイするには厳しいでしょう。

ゲーム博士

ちゃんと、60FPS以上を出しながらゲームの世界観を崩さないでプレイするのなら、ゲーム向きのグラフィックボードが積んでいる「ゲーミングノートPC」が必要です。

次に、2019年にサービス開始された、PUBGよりも比較的低いスペックPCでも遊べる「PUBG ライト」を見ていきましょう。

PUBGライトの必要動作環境と推奨動作環境

PUBG LIte公式には、「必要動作環境」と「推奨動作環境」の2種類が掲載されています。

PUBG LITE公式HPより必要動作環境から引用

OS Windows 7,8,10, 64bit
CPU Core i3 2.4GHz
RAM 4GB
GPU DirectX11 Intel HD Graphics 4000
HDD 4GB

PUBG LITE公式HPより推奨動作環境から引用

OS Windows 7,8,10, 64bit
CPU Core i5 2.8GHz
RAM 8GB
GPU DirectX11 NVIDIA Geforce GTX 660 orAMD Radeon HD 7870
HDD 4GB

両者の違いを簡単に要約すると、「プレイできるのは必要動作環境だけど、楽しくプレイするなら推奨動作環境が必要だよ!」というもの。

専門用語でまとめると、「画質やFPS値は下げれば遊べるのが「必要動作環境」。楽しくキレイな画質で敵も認知しやすく、遠くの敵にもエイムが合わせやすくするには、「推奨動作環境」。これなら60FPS、フルHD高画質で遊べますよ。

といった感じです。

ライト版は、通常版よりも必要環境においては性能は求められておらず、オフィス用PCでも動作できるようになっています。グラフィックボードの指定もありませんね。

しかし、推奨動作環境においては一転。やはりそれなりのスペックが求められています。コア数の多いCPUやメモリ数の増設です。

ゲーム博士

PUBG通常版では、「推奨動作環境」は発表されていませんが、快適にプレイするにあたって最低でも6コア以上のCPU、4GBRAM以上のグラフィックボードの性能が求められると思います。

基本的に推奨動作環境以上のスペックを目指す方が大半だと思うので、今回はその環境に必要なスペックとPCを紹介していきたいと思います。

PUBGノートパソコンに必要なスペック

PUBGを楽しくプレイするには、綺麗なグラフィックや高いFPSを出すことが必要です。

一番重要なのがグラフィックボード。次にCPU、メモリです。順に解説していきます。

グラフィックボード

グラフィックボードは、ゲームの楽しさや快適さを決める一番重要なパーツの一つです。ゲームを起動してみて「こんなはずじゃ無かった、、、」とならなないように慎重に選んでいきましょう。

グラフィックボードで重要なのは、搭載されているVRAMというビデオメモリ数です。

このメモリ数が大きければ大きいほど、高解像度・高画質な映像に処理ができるため性能が良いグラフィックボード。同じメモリ数でも、搭載されているCUDA数(GPU用コア)、シェーダー数(GPUのコア数)シリーズによって性能差があるのも特徴です。

予算の許す限り、性能が良いものを選びましょう。

2020年現在の最新の Geforce GPUは以下の通りです。

名称 ビデオメモリ 性能目安
RTX2080 8GB 1045
RTX2070 SUPER 8GB 984
RTX2070 8GB 910
RTX2060 6GB 835
GTX1660Ti 6GB 640
GTX1650Ti 4GB 430
GTX1650 4GB 368

CPU

CPUは、グラフィックボードに合わせて足を引っ張らない程度の性能を持つものを選ぶ必要があります。選択を間違うと、CPUの性能が低いせいでグラボの処理が追いつかない状態になりかねません。

しかし、グラフィックボードを軸に選ぶとそれに合わせた最適なCPUが搭載されているので心配は不要です。

現在だと第9・10世代のCPUが定番。

コア数やCPUが持つ性能値も申し分なく、ボトルネックになることはまずないでしょう。

メモリ

メモリ数は、16GBは確保しましょう。

公式で発表されている推奨メモリ数は8GBですが、余裕を持たせる意味でも16GBが安心なんです。

メモリにはCPU処理の受け渡しだけでなく、余裕があるとFPSを上げる効果やゲームの重さを軽減させてくれる効果もあります。

MEMO

他のパーツよりも安価で気軽に増設しやすいパーツでもあるので、16GBは多くの方が確保している数量です。

ディスプレイ

ノートパソコンにおけるディスプレイの大きさは重要ですよね。

当然ながら画面の大きさが大きければ大きいほどゲームの世界の視野が広くため、ゲームはしやすいです。しかし、パソコンの設置場所に限りがある人や持ち運びが前提と考えている人にとっては、大きいディスプレイは苦痛でしかありませんよね。

そして、PCゲームを楽しくする上で「FPS値」にこだわる人も多いと思います。

ゲーム環境にこだわる人は、FPSが「144Hz」、「244Hz」に対応したディスプレイの方が画面がぬるぬる動くので、敵よりもエイムを当てやすく、俊敏な動きを捉えることができるようになります。

一度体感したら病みつきになり、もう戻れなくなる性能なので、迷ったら試してみてください。

スポンサーリンク

PUBGにおすすめノートパソコン

ここからは、これまで紹介した必要PCパーツを搭載したPUBGにおすすめなノートパソコンを紹介します。

  • コスパ重視!価格が安いノートパソコン
  • 144FPSが出せるノートパソコン
  • 244FPSが出せるノートパソコン

コスパ重視!価格が安いノートパソコン

コスパを求めるなら、グラフィックボードにこちらのGTX1650を搭載したPCを選びましょう。コスパの良いノートパソコンを手に入れることができます。

ゲーミングノートパソコン初心者の方、これから本格的にプレイしてみようかと考えている方におすすめのPCです。

ツクモ N1547K-700/T

ディスプレイ 15.6型
CPU Core i5-10750H
メモリ 8GB
GPU Geforce GTX1650
ストレージ 250GB NVMe SSD
価格 120,780円(税抜)〜

ツクモ N1546K-710/Tは、ゲーミングブランド「G-GEAR」のスタンダードモデル。期間限定価格で登場しました。

フロンティア FRLN713/D

ディスプレイ 15.6型
CPU Core i7-10750H
メモリ 8GB
GPU Geforce GTX1650
ストレージ 240GB SSD
価格 102,800円(税抜)〜

フロンティア FRLN713/Dは、「Sound Blaster Cinema 6」で臨場感ある音を楽しめます。

マウス G-Tune P5

ディスプレイ 15.6型
CPU Core i7-10750H
メモリ 8GB
GPU Geforce GTX1650
ストレージ 256GB
価格 119,800円(税抜)〜

マウス G-Tune P5は、従来モデルよりも画面幅がコンパクトに。約9.6時間のバッテリー駆動で外出時にも時間を忘れてプレイできますね。

 

144FPSが出せるノートパソコン

144FPS出すには、グラフィックボードをVRAMが6GB搭載されている「GeForce RTX 2060」を選びましょう。GPUメモリを確保して上げることにより、テクスチャレベルを上げることができます。

これにより、戦闘シーンでもヌルヌルな解像度でプレイできるんです。

それに加え、144HZ駆動のディスプレイを使用したディスプレイである必要があります。以下にまとめましたので参考にしてください。

マウス G-Tune E5-144

ディスプレイ 15.6型
CPU Core i7-10875H
メモリ 16GB
GPU Geforce GTX2060
ストレージ 512GB M.2SSD
価格 159,800円(税抜)〜

マウス G-Tune E5-144は、最新の8コアCPU、約1.77kgの軽量ノート。

OMEN by HP 15-dh1001TX

ディスプレイ 15.6型
CPU Core i5-10300H
メモリ 16GB
GPU Geforce RTX2060
ストレージ 240GB M.2SSD+1TB HDD
価格 189,800円(税抜)〜

OMEN by HP 15-dh1001TXは、300Hzリフレッシュレート対応。滑らかさが違います。

ツクモ N1589J-710/T

ディスプレイ 15.6型
CPU Core i7-10875H
メモリ 16GB
GPU GeForce RTX 2070 SUPER
ストレージ 500GB SSD
価格 209,800円(税抜)〜

ツクモ N1589J-710/Tは、RTX 2070 SUPER搭載でゲームに妥協したくない人向け。

 

244FPSが出せるノートパソコン

244HPS出すには、GPUに8GB搭載の「Geforce RTX2070」かつ244Hzリフレッシュレートに対応したディスプレイ搭載が必須です。

レノボ LEGION 750I

ディスプレイ 15.6型
CPU Core i7-10750H
メモリ 16GB
GPU GeForce RTX 2070
ストレージ 1TB SSD
価格 244,147円(税込)〜

レノボ LEGION 750Iは、高精度で高い反応性のLegion TrueStrikeキーボードを搭載。

マウス G-Tune H5

ディスプレイ 15.6型
CPU Core i7-9750H
メモリ 16GB
GPU Geforce RTX2070
ストレージ 512GB M.2SSD
価格 219,800円(税抜)〜

G-Tune H5は、プロゲーマーが普段からプレイしている環境である「244Hz」を体感できるモデル。

PUBGにおすすめノートパソコンメーカー

ここからは、これまで紹介してきたノートPCを販売するメーカーを紹介します。

合わせて、そのメーカーで安く買う方法も追記しているので、合わせて御覧ください。今回紹介するのは以下のメーカーたちです。

  • ツクモ
  • フロンティア
  • マウス
  • HP
  • DELL

ツクモ

  • スペックのラインナップが豊富
  • ポイントが付いてなお安い
ポイント あり
お届け日 注文から3~5営業日
送料 2,000円(税抜)
下取りサービス 1,000円(税抜)割引

ツクモは、カスタマイズの種類が豊富なBTOメーカーです。

ビギナーの方から大手企業・一流クリエイターの方まで幅広い方を対象にしています。

ポイントも付くので周辺機器も合わせて購入しやすいです。

参考 ツクモでBTOパソコン「eX.-computer」を安く買う8つの方法

マウスコンピューター

  • Gtuneはプロクリエイターに使われる一台
  • デスクトップ・ノートの種類が豊富
  • Officeソフトが同時購入で特別価格で購入できる
ポイント なし
お届け日 15時までの注文で3・4営業日で出荷
送料 3,240円(税込)
下取りサービス 1,000円(税抜)割引

マウスコンピューターは、安くて高品質なパソコンが手に入るBTOメーカーです。乃木坂46のCMが有名ですよね。

マウスには様々なシリーズのパソコンがありますが、中でもプロも愛用するGtuneシリーズは、プロゲーマーにも愛される一台です。

コスパの良い商品から現最高スペックまで、ニーズに合わせてお好みにカスタマイズすることができます。幅広い種類から、お気に入りの一台を見つけたい方はマウスのパソコンを御覧ください。

参考 マウスコンピューターで安く買う10個の方法【割引セールで安い】

フロンティア

  • スペックの低い〜高いまで自由自在
  • カスタマイズ画面が見やすい、コメントアドバイス付き
  • WEB限定価格で安い
ポイント なし
お届け日 注文から約1週間
送料 2,000円(税抜)
下取りサービス 1,000円(税抜)割引

フロンティアは、ゲーミングPC(Geforce搭載PC)のラインナップが豊富なBTOメーカーです。

セールや割引も頻繁に行われているので、欲しい商品がお得に手に入れられる可能性が高いです。在庫限りのアウトレットや歳末セールも常に開催されているので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

参考 フロンティアのパソコンを安く買う方法【割引セールが安い】

HP(ヒューレットパッカード)

HP Directplus -HP公式オンラインストア-
  • 世界的有名BTOメーカー
  • 格安モデルから高性能モデルまで出品
  • 海外の工場からの発送なので納期がかかります
ポイント なし
お届け日 5営業日
送料 3,000円(税抜)
下取りサービス なし

HPは、ラインナップ豊富なパソコンで世界的シェアを誇るメーカーです。ゲーミングブランドの「パビリオン」と、よりゲーミング性能を求める人向けの「オーメン」の2つのブランドを持っています。

デザインも個性的なので、ゲーム性能だけでなくビジュアルにもこだわりたい方におすすめです。デザインがカッコいいので他と差がつきますね。

参考 割引クーポンあり!HPのパソコンを安く買う10個の方法

DELL

デル株式会社
  • 世界的有名BTOメーカー
  • 3年間の保守サービスが標準装備
  • 海外の工場からの発送なので納期がかかります
ポイント なし
お届け日 3~4営業日で工場から出荷
送料 無料
下取りサービス なし

DELLは、ラインナップ豊富なパソコンでHPと同じく世界的シェアを誇る、伝統あるエイリアンウェアのメーカーです。

商品は3年間の保守サービスが追加料金なしで付いているので、もしもの時にも安心です。モニターやマウスといった周辺機器も同時購入すると割引価格で購入することができます。

参考 割引クーポンあり!DELLのパソコンを安く買う方法
スポンサーリンク

まとめ

今回はPUBG向けノートPCのスペックを紹介してきました。

ライト版だと低スペックなPCでも起動はできますが、快適に遊ぶにはやはりスペックを満たしたゲーミングノートPCが必要です。

ぜひ、余裕を持ったグラフィックボードを選択してキレイなグラフィックで遊びたいですね。